好きという感情は偽造できない

4人が居れば生きていける。ただ大好きなのです。

NEWSと過ごした2017年〜年末だし振り返ろう〜

皆さんこんにちは!!

最近は寒くて大変ですね〜気づいたら真冬到来してた\(^o^)/

 ということでもうそろ年末ですよ…2017年終わりですよ…いや、早くね??

長いようで短かったって毎年言ってる気がするんだけど…()

 

ということで、NEWSと過ごした2017年を総振り返りしてみようかなと!!

いや〜今年は私情的にもLJKだし受験生だしで怒涛だったなって感じで。それでいてNEWS事情もそれはそれで色々あり…その分幸せいっぱいで私今日命日かな?って思う日が何日もあったんだけどね♡

 

とうことで振り返りGO!!(途中Jrも入ります)

 

1.ジャニーズカウントダウンライブ2016-2017

 

 

これ無しに今年は語れないってくらい、とても思い出です。なんといっても初のカウコン参戦であの言葉を聞いてしまったんだもん…

 

まさか当たらないだろうな〜と思いながらも応募して、ポスト見たらなんか来てて、

「…!?」もうあの時の嬉しいさといったらなんの(笑)部屋で叫びまくりなんなら泣いてた((

年越し、そして年始をジャニーズと、NEWSと過ごせるなんてそんな夢みたいなもの私が行けるの…??って当日始まるまで実感が湧きませんでした(笑)

 

そして当日。一人で応募したから開演まで、同じくひとりの人を探したらいた2人に初めて出会い、開演までの時間を共に過ごしました。

いや〜〜今思えばカウコンが当たってなかったら、ひとりで参戦してなかったら2人には出会えてなかったのか…何かしみじみしますね。素敵ですね、出会いって。

 

NEWSについて沢山語り合ってサイ〇リヤで公害ヲタクして、おジャンプさんのDEARの音漏れ聞いて(笑) いよいよ開演の時「楽しもうね」でそれぞれゲートに行ったの懐かしいな〜♡

 

6月の四奏魂以来のドーム。隣は滝翼担って所でカウコンの実感が湧いてきて〜。

いよいよスタートの時。私は覚えてる。まだテレビ放送前。トロッコの上で寝る「手越祐也」を!!

もうNEWSに会えるんだって思って心拍数半端なかったのに不意打ちに手越祐也on the トロッコで死亡しましたね。久しぶりの手越祐也の存在にもうなんなら吐きそう。みたいな、嬉しすぎて。

それだけで終わらなかった。なによりもNEWS登場からのリーダー小山慶一郎の一言「4月からアリーナツアーやりま〜す!!私「fjsksksnn¥&!?」←言葉にならないって意味で捉えてね

彼が放った言葉が信じられなくて、でもダイレクトに耳に入ってきた生の声に現実だと実感してひとり発狂からのしゃがみ込む。傍から見たらどうした?って感じだけどここはカウコン。周りはジャニヲタ。関係ない☆ まあ、隣の滝翼担に心配そうに見られたけどね()

 

とにかく幸せいっぱいな年始のスタートでしたね。ジャニーズと「3.2.1ハッピーニューイヤー」をできる喜び。

受験生という年に元気を勇気を貰えましたよほんと。

テレビ放送終了後の手越祐也さんの言葉にも悶え死にました。

あと嵐観れたのはレア感で強かったな(笑)

 

2.ジャニーズJr祭り

 

すみません。ここらで彼らの事も書かせてください。

初のJrの公演に参戦してきました。私は前記事にも書いた通り、絶賛Love-tune、そして中でも安井謙太郎氏の沼族なんですが色々あって譲って貰えて行けることに。

 

いや〜やっぱりね、Jr若いわ!!瑞々しいわ!!爽やかだわ!!(何様)

どのグループもハキハキ動いてて瑞々しくて素敵でした♡♡

まあ、何よりも1番はそう、Love-tune

もうね、少クラで観てる彼らじゃない。カッコよすぎる。イケメンすぎる。

安井謙太郎氏は誰よりも頑張ってましたよ。だってメイン司会ですもん!!後輩Jrが良い見せ場を見せられるように優しく促してる姿にはすきぴが溢れましたね。

 

森田氏、萩谷氏、長妻氏、その他もろもろ…

かっこよすぎてやっぱり私のイチオシはLove-tuneだなって改めて実感いたしました。

 

3.NEWS LIVE TOUR2017 NEVERLAND

 

 

これを語らずして今年は語れないですよほんとに。まあ、これを語るための記事のようなものなんだけどね(笑)

 

前文にも書いた通り、小山慶一郎氏の衝撃のツアーやります発言から始まった今回のツアー。

 

今年は遠征したいなって思っていて、決めた先は「静岡」でした。

ヲタ友手越担ちゃんとツアータイトル決定した瞬間に電話して荒れに荒れて(笑)

遠征しようよってノリで決まりました。

私の名義は1つしかないから、私の名義で静岡、その子の名義で東京を応募。

当たれって思ってたけど、どうせ当たらないだろうなって思ってたのに静岡当たった時は嬉しすぎましたね。

 

それから格安のヤコバを予約して、ここでも出会いがありましたね。

ギリギリになって静岡行けない疑惑でた手越担ちゃんの代わりに探し当てた静岡住みの加藤担Kちゃん。

結局手越担ちゃんAちゃんも行けることになったんだけどね(笑) 

これが無ければ出会いはなかったんだなとまたまたしみじみ嬉しい2017年。

 

金曜日にヤコバで静岡入りして、初会いのKちゃん。車での送迎がかっこよすぎて惚れましたね。Kちゃんのお家にお泊まり楽しすぎたし有り難すぎたなぁ。ほんと感謝です。

 

来たぞ土曜日。朝から掛川城に行ったり浜松まで行ってプリ撮ったり(浜松餃子一切食べてない)静岡を堪能したあといよいよ愛野、エコパへ。自然いっぱい狭すぎる会場に大号泣したのは、全記事で述べてるので且略。(笑)

 

もう、幸せってこういう事なんだなって改めて実感したツアーでした、ほんとに。ここら辺も述べてるから大まかにね。

あの近さで彼らを観ることが出来たのは、強かったなって思います。

さわやかハンバーグも美味しすぎたしMCも嬉しすぎて。早く円盤発売日〜〜!!3人で大号泣はもう決定してます🤘🏻

月曜日普通に学校で、早朝に東京着いてから家帰って時間なさすぎて15分だけど泣く時間を設けました。

 

東京も東京で色々あったけど、総じて言えるのは「NEWSが好きだな」ってことです。やっぱり何があっても好きだなって。存在の有り難さを改めて感じました。

 

今だから言うけど、このツアーは色々な意味でありましたね。(笑)

正直2月かな?あの日は泣くっていうより信じられなくて、ベッドから起き上がれなかった。ほんとにあの女の事は今でも大っ嫌いだけど、あの時はそれすら考えられないくらいに絶望感を覚えました。

 

でもね、静岡行ってさ、やっぱり思ったわけよ。「好きだな」って。なんなら「おめでとう」←24時間テレビと誕生日

って大声で伝えてレスポンスも頂いたくらいだもん。ほんと、やっぱり彼を、小山慶一郎をNEWSとして見てる時間は好きでいたいです。

そりゃ今でも色々思うことはあるけどね??

 

そしてもう一人ね。う〜〜んなんか色々ありすぎてよく覚えてないんだけど(笑)

毎回のことって思えてる心があるから大丈夫って思うようにしてたけど、やっぱりそれなりにダメージはあったよね。あの女の事は今でも大っ嫌い。今すぐ消えて欲しいけどね(笑) 

 

金塊とかスクープとか色々あった1年でしたねこう思えば(笑)

でもねやっぱり今思ってる気持ちは「好きだな」その一言なんです。

やっぱり好きなの、そんな簡単に嫌いになれないなって。小山氏同様ね。

彼の涙を生で見て、なんかもう、そう思った。あの時の私動画で撮られてたらほんとやばいと思う。大号泣どころじゃない(笑)声裏返ってたもんな〜〜(笑)

 

とにかく、Neverlandの事は仮に降りることがあっても絶対に忘れない。忘れたくない。それくらい幸せでいっぱいでした。

カルテットも最高だったけどね。

 

4.NEWS会

 

 

ちょっと逸れるんだけど、これも私からしたら

大きいことなのでね。

今年というか去年、2016年の11月かな?から始まったNEWS会何ですけれども。これの存在は

大きいかなって。

小山慶一郎生誕祭、増田貴久、加藤シゲアキ生誕祭、記念日などなど。メンバー変わったりもしたけど、なによりも2人に(もちろんそれ以外の子もだけど)出会えたのはこれが無ければありえなかった訳だからほんとに感謝してますよ。

 

みんなで騒いで語って時にはディスりあって(笑)日に日にみんなの格好も学年も変わっていったのもしみじみ。(笑)

 

5.NEWSのJ祭

 

 

これも入れさせていただきたい。

2016年に初めて言ったJ祭の2回目が今年の7月くらいかな?

Neverland終了もあり、セトリが幸せで懐古しまくりで、会場にいた人全員が幸せでいっぱいな顔してました。最高だわ、あの空間。

ダイノジさんのお星様の話も「好きなものには全力で」って言葉も大好きだった。

特にDTFが好きだったな〜もう熱気ムンムン過ぎたけどね(笑)

また行きたいな〜〜来年あるはず!!

 

 

6.24時間テレビ

 

 

今年も行きました、募金!!

なんなら去年より沢山並んでるからね?(笑)

30は直前番組張ってテントから見える鼻とかツアーTに湧いてた強かったな〜(笑)

ランナー発表の時の周りのヲタク達の一体感が好きすぎた。「えええ!?」って反応とか(笑)武道館からスタートじゃないのは不満だったけど、それも含めて楽しかったな〜💕

 

31日は10時くらいから集まって計8回?くらい並びました。夜までいたもんね、よく頑張ってたわ〜(笑)

 なによりも忘れないのはあの「梅沢富美男」氏に募金箱を渡した事だよね(笑)

しかも1回目でよく当たったわ〜タイミング良すぎた最高(笑)

「ありがとうございます」の声は永遠に忘れません(笑)

佐藤栞里ちゃんからの…え!?のあの櫻井翔氏がいたのに気づいた時には募金箱は富美男の元だったけど急いで頑張って下さいと告げたら返してくれたのはも忘れません。やっぱりかっこよかったわ〜〜。

NEWSちゃんURは色々思うことあったけど、計算しまくって何回も途中で抜けて並んでを繰り返したお陰で見れましたNEWSちゃん♡

ずっと舞台上見てたもん。ほんとかわいい4人が座っていて、あの10秒は忘れません。

 

結局ランナー到着前に歩いてドームまで行って懐古しながらプリ撮って到着はドームで祝うっていう異色な事したのも楽しかった(笑) 

小山さんも頑張ってたな〜〜。今でも家に募金箱大量にあるんだけど(笑)

 

7.ヲタクディズニー

 

 

これも入れたい。量産型頑張って公害しまくりのディズニーは楽しすぎた。これは2回やりましたね、リア友とヲタ友ちゃんと。

どちらも楽しすぎて、特にヲタ友ちゃん4人で乗ったピーターパンでNEVERLANDしたのは楽しすぎた〜〜。

初のワンスのNEVERLANDの一言に号泣したディズニー兼ジャニーズヲタクはここです。()

 

 

8.グリーンマイルin東京グローブ座

 

まさか当たると思ってなかった運強しマイル←

一般10時から死ぬ気で掛けまくったらたまたま繋がっていけることに。

 

今回は親との観劇でした。

もう、ほんとにね。なんて言うんだろう。まず内容。

重い。だけど凄いストレートで。それが逆に綺麗っていうか。 人の生と死っていう永遠のテーマみたいな所あるんだけど、そこを「グリーンマイル」という視点で表している当たり。流石だなと原作も今作も。

そして舞台構成も。特は場面の絵が切り替わったりするわではない。のだけど、一つ一つ内容が変わっていくから凄いなぁと。伝わりずらいな…。

 

加藤さんの気持ちの入れ方もすごく良かった。最後のセリフは重く、色々感じさせられる言葉でした。 リーゼント似合いすぎてたし、コレのために増量した体もよかった。

やっぱりほかの役者さん、というか、沢山の方が関わってこその素晴らしいグリーンマイルだったなって。把瑠都も可愛かったし辛かった。

執筆、ライブ、テレビと大忙しの中「座長」を務めた加藤シゲアキに大拍手。

 

 

9.をたくごと

 

 

全部を総じて、をたくしたのは大きいかなって。もう楽しいのなんの。ヲタク最高。🤞🏻🤞🏻

特にこの1年で量産型に目覚めたのは大きかったな〜(笑)まだなりきれてない部分もあるけど、はじめと比べたら少しはマシになったかな?(笑) 

この前も加藤の子と一年前のプリとか見返して爆笑してた(笑)

可愛くいたいなって強く思ったのも今年が強いかな。

 

 

 

はい!ざっとめっちゃ雑にまとめてみたよ!

2017年はどの光景も全て思い出と化してる。特別な幸せな時間が沢山ありました。

 

私情的にも受験という期間で辛かったことも沢山あったけど、いつでもどんなときでも「NEWS」の存在に沢山助けられてきたなって。改めて実感してしみじみしてます。大好きだなって。

 

私の全てはNEWSと共に。

だから忘れられない、忘れたくない。

 

来年、2018年はいよいよNEWSも15周年。

きっと2017年よりも幸せでいっぱいな1年になるはず。そう信じて、2018年に期待でいっぱいです。

彼らが辿ってきた道はきっと間違っていなかったって、私が選んだ道は幸せで溢れていたって、そう思える15周年。心から応援していきます。♡♡

 

また3月になったら3年間の振り返りしますね♡

とりあえずいまは25日のNEWSICALが楽しみ。

また更新しますね。

 

♡おわり♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NEVERLANDへの出口の後遺症。in静岡後編(今更レポ)

はい来ました、後編。

といっても静岡編だけどね。前編は序章が長すぎましたねすみません。

 

前編でもお伝えした通り、ピックアップして大まかな感情レポです、、、。

 

さぁ、NEVERLANDへ入場です。

 

登場から泣かされたかと思いきやのEMMAで大人の色気でまたもや死亡

とおもいきやのDTF来ると思わなかったな~もうめっちゃうれしかった、大好きDTF。

アルバム収録曲も、すべてがダイナミックで圧巻で、最高すぎました。

ここれへんの詳しいレポとかは、ちゃんとやってくれている人がいると思うので

書きませんというか今更すぎるので(笑)

 

感情的レポなんで!!!!((

 

まぁもう忘れもしないアリトロさんよ、アリトロさん。

いやもう近いどころじゃないよあれ、轢かれるよなんなら!!!!!((

事実、足踏まれましたから?アリトロさんにwwwwww

地味に痛かったぞ。(嬉しがってるキモヲタ)

 

あんな近さで見たらもう、だめだよ。美しいとかそんな簡単な言葉で言えない。

尊い、、、、。儚い、、、、。アーメン、、、、。

 

この日のために作ったうちわよりも声で勝負だ!!!と思い、

Kさん来た瞬間二人で「おめでとう!!!」って頑張りましたね。

その結果K「〇〇〇〇」からのお手振りもう死亡。ただ信じられんすぎてやばみ。

ちょろをたにも程があるけど、全力で好き!!!ってアドレナリン!!!

 

Mさんの匂いもやばいいい匂いすぎてうちわであおぐキモヲタ二人。

結婚しよ?って脳内((

 

K藤さんうっつくしいのなんの!!!!あやめなんてもうなんか絵画みてるのかなって

錯覚しそうになったよ演出も相まって。

 

いやもう、あの近さは最高すぎたね、近くないと聞こえない声も聴けたし。

 

そしてそしてTさああああん!!!!????

噂では聞いてたけど、いやそこまですんの!!!????

ベッドがあるってだけでアウトなのに腰!!!腰!!!!

そして「、、、、すごぉい、、、」

ふぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!???

もう余裕で2人して号泣腰砕ける。いや予想をはるかに超えてきましたもう、あうと。

死亡でしかなかったよね、あれ。

円盤とかもうやばいだろあれ、カットすんなよ???表情ひとつひとつが誘ってるんですがもう妖艶ってかなんなんR18ぴ!!!すぴ!!!!(余裕で熟知済みキモヲタ)

 

まぁ東京も東京で死亡したし、正直セリフまでは覚えてないんだけど全てにおいて腰砕けたことだけ覚えてる。

 

3人のソロはどれもそれぞれの味が出ていて素敵で、これもまた語っていたら余裕で

3日は経過しそうなんで省略しておきます。

 

パートごとにテーマが分かれているのも素晴らしかった。

今回のツアーは何よりもその「世界観」だよね。

NEVERLANDの旅はまだ続いていたこのころ、しみじみです。

 

MCも終始爆笑でしかなかったんだけどそれも置いておくよ。

静岡円盤入らないよな~、、各地方公演入れてほしいな~、、ほとんどのヲタクがそれ望んでると思うよジャニーズさん。

 

なによりも、一度NEVERLANDから出てからのURは、もう、、、号泣でしかなくて。

「ひとりじゃないから」の加藤さんの言葉に一気にきました。

ちょうどこれから受験生って時だったから、それもあってすごい胸にひびいたなぁ、、。まぁ、東京オーラスの方が倍でしたけどね。

 

 

 

なんだろう、書きたいことは山ほどあるのにうまく言葉にして整理が出来ない、、、。

レポって難しいね、てかお前今更にも程があるよってね()

ただの自己満としてみておいてくださひ、、、、。

 

結局さ、これ後編って書いたんだけど、2日目の事一切ふれてないじゃん!!

っていうね。

うん、だからまとめも入れながらちょこっと話しておこうかな、

やべぇ、タイトルどうしよう、、、。

 

おわり!!!!

 

 

NEVERLANDへの入り口は、確かにそこに存在した。in序章と静岡前編(今更レポ)

____NEVERLAND、それは今までに体験したことのない様々な出来事が起こる、NEWSが創り出す夢のような世界_____

 

はい、今更すぎる「NEWS LIVETOUR 2017 NEVERLAND」について雑多ではありますがお話というか、語っていきたいと思います。

 

私的に、今回のツアーは今までにないくらい最高で、幸せな時間でした。

その分、ここにたどり着くまでにはいろいろな面で絶望を味わったりもしたけれど、、、。

総じて思ったのは、この先もずっと、4人と共にありたい、見守っていきたい。

大好きで愛してるという気持ち。

 

今回は自分史上初の遠征!!(言い方が大げさ)

といっても去年のQUARTETTOからしか参戦してないんだけど、、、

 

去年はドーム2公演。その時は高2だったっていうのもあるし、根本的に「遠征」

っていう選択肢が頭になかった。

でも今年は遠征してみたいなってことでツアー発表をカウコンの同じ空気の中で体感し、その翌日にはヲタ友とTEL。

 

 

そう、今回のツアーは生でこの耳で発表を聞いたことから始まったわけだから、なんとも感慨深い。しあわせになれないわけがない。

 

そして決まった遠征先は「静岡 エコパアリーナ」。

 

キャパ狭いって聞かされても、ドームしか経験してない私からすれば想像できないわけで行くまでは「狭いのね」ってくらいだった。

それがもう着いた瞬間「ちっさああああ!!!!!???」(会場入る前)

そのアリーナの建物を外から見ただけでわかる小ささ(当方はドームと比べて述べています)やばい!!入らなくても観たらわかる!!狭いやつやん!!って大輔もびっくりよ。

 

まぁ、ちょっとその話する前に前乗りから。

金曜日 学校が終わるや否やダッシュで校門を出て(誇張)、一旦家に帰り支度を済ませて18時にバスタ新宿へ。ヲタちゃんと合流しいざ出発!!

初ヤコバ、うん。行きは楽だった、行きは

楽しみぃぃぃなんて言いながら我慢していたフラペチーノを食し揺られながら静岡という名のNEVERLANDへ。

そうなんです、私、前日までファスティングダイエットしてました。俗にいう絶食ダイエットっていうやつ(?)。NEWSに会うなら、会えるなら頑張れる!!というやると決めたら、スイッチがちゃんと上まで上がればやるタイプの人間なんで、運動したり食事制限も日頃からして、自分の部屋に

「祐也に会うんだよ?そのままでいいの?」

なんて書いてたの懐かしい。

 絶食ってつらいのよ、まぁ正確にいうとかのyoutuberさんがおすすめしてて釣られて買った

「お〇様酵素jewel」

を置き換えてはいたんだけどね。いやぁ初日はマジで辛かった。お腹はなるわでもう、、。(誰も聞いてない)

これ2日やって2日はお粥とかの緩いものだけってメニューなんだけど、酵素なんとか飲み終わって学校で昼に冷たいお粥食べて皆からこいつ頭大丈夫かみたいな目で見られたりもしたけどwこれ頑張ればNEWSだ~!!って頑張りました。我ながら。ただ、まぁどう考えったってわかるけど、そりゃ食べなければ痩せるよね(笑)まぁこれはデトックス効果の方が高いらしいんだけど。

結局静岡ついてアイスなりなんなり食べたので意味あったのかは聞かな~い☆ツ!!(お前が話し始めたんだろうが)

 

~話戻ります~

着いたぞ静岡!!こんばんはまるちゃん!!

遠征とかでなくちゃんと観光で来るのも初めてだから妙に興奮してた。

静岡に住んでるヲタ友ちゃんと初会いして、からの車でおうちまで。

もう恐れ多い、、、。ありがたすぎる、、、ありがとう、Aちゃん。

その日は色々語りんごして就寝3時。おい、明日ライブだぞ??

でもすごいよね、前日のテンションって怖い。Aちゃんは明日はお仕事だから私達が熟睡してる間に仕事先へ、、、。もうなんて偉いのAちゃん、、、。(激動の拍手)

 

そんな中起床した私たちは朝から、あの増田貴久氏がやって来たという「掛川城」へ。

朝の空気やばい、なんだろう、錯覚なのかもしれないけれど東京と比べ物にならないくらい綺麗、おいしい。

掛川城は朝だからかあまり人がいなかったけど、とっても綺麗でした。

まぁ、そこで売ってる「掛川茶ソフト」を現場用バックちゃんにこぼしたのは忘れない、、、。(いい匂い♪って自分を奮い立たせたよん)

 

プリクラもとりたいね~なんてことで時間もあったし浜松駅行って、からの来たれ愛野、エコパ!!!!

2人のテンションえぐい高いのなんの。フラメンコ踊れちゃいそうだよって感じ。

愛野到着~!!!からのが割と遠かった、、、。話しながらだしテンションフラメンコだったからまぁ行けたけどあれ一人だときついかもね、、、。

 

そして前述のとおり建物の小ささに驚き桃の木山椒の木。

にわか雨にいじめられたりもしながら、ヲタ友ちゃんと1年ぶりの再会を果たしたりしながら開演までの時間を過ごしてました。

エコパの周りはコンビニとかは下らないとないけど、一応売店があるからまぁまぁ良きではあった。

あと芝生があるから、ヲタクピクニック気分でもあったし楽しかった。

 

開場時間が近づくにつれて胃の中身が持ち上がってくる感じになってきてドキドキバクバク、、、。いよいよか、いよいよなのか。

 

開場!!!(大げさですねすみません)

 

チケを持ち、高まり鼓動を抑え、もぎられ、、、階段を下がった先に見えてきたのは

「やばいやばいむりむりm(ry」

しっかり記録済みの動画に入ってる2人の音声臨場感やばすぎぃ、、、。

目に飛び込んできた会場もうアドレナリンばんばんやばい思考がもう追いつかないってか狭い、いや待ってまず席はどこなの席は!!

 

席書いてあるボードを確認する、、、、。

2人同時「・・・え」

お互いの腕にしがみつきながらすでに泣いてる

「やばいやばい、え、やばいやばい、そんないく?え、、???」

チケットの指示のまま進んだ先は、、、、。

「まってむりぃいぃぃ」←号泣

アリーナB最前の1番端っこ、つまりは

アリトロ真横真ん前通過席

もう、軽く過呼吸よほんと、、。

何回も参戦してる人だったら「らっきー」くらいで終わるのかもだけど、初の遠征で

この席って、もう待ち受けてるものって死やん((

 

隣にいた母世代のひとに心配されながらももう二人して抱き合って「やばいよこれ」

って嘆いてたの鮮明に覚えすぎててこわい、、、。

 

ちなみにこれ自名義でした、、、。自分の運に感謝もう宝くじ買ってあげるよって感じ。

 

今回の参戦服はJKラスト公演だったので記念と現役中に自担に染まりたくて制服でした。

(ピンクカーディガン・ツインテ(わざわざ通販でウィッグ買った)っていう徹底ぶり)

 

はじまる前のダンスとかもう適当にやってもうそれどころじゃねえ!!みたいな心境。

この席はメインステージ寄りでした。

やばいもうどうしよう思考混雑中、、、。ペンラにファンさうちわも用意してタオル握りしめて

OP映像「キャアアアアアア!!」1回目。

無理、いやこの人たちこれからこのえ、このkyえ、

むりむりりむり

 

汽車登場「うぎゃああああああ!!!??」 2回目。

センステきたよ、え、なに、これ、え??もしかして、、、。

 

汽車開いて4人登場

くぁwせdrftgyふじこlp」3回目。

言葉にならないほどの感情、発狂、号泣、号泣on号泣。

 

確かにそこに4人は存在していました。

他のレポさんいわく増田さんは日本刀、加藤さんは旗、手越さんは炎、小山さんはワンド持ってたらしい(てか持ってた)けどもうそんなのその時は考える思考すらなかった。

ただカウコン振りのNEWSに、その美しさに、その存在に、全てに圧倒と興奮といろんな感情がごった返して、ただただ泣いてた。

 

 

ちょっと長くなったので一応なんていうか、静岡前編は一旦ここまで。

ひとつひとつの曲に対してレポしたいのはやまやまなんだけど、時間めっちゃかかるし

私のくぁwせdrftgyふじこlpな語彙力じゃ伝わらないと思うので、ピックアップしつつ話していきたいな。

 

よければ、ぜひ。

 

では☆

沼にはまりかけているLove-tuneと安井健太郎

こんにちは~!!!雑多な投稿多めですみませんお久しぶりです。

 

今回はタイトルの通り、ジャニーズjr.のLove-tune、そして安井健太郎の沼にはまりかけている話です。

 

いつからと言われたらちゃんとは答えられない、というか覚えていない。これぞNEWSと手越祐也にハマった時と同じです・・・・。

私ってあんまりそう、ハマった~~~!!!ライブ!!CD!!とかってなること、NEWS好きになる前は特になくて俗にいうにわかかファン止まりだったんだけど。

どうしたものかね、不思議。

 

ただ、「少年倶楽部」の影響は大きいかと。

NEWSの沼にどっぷりつかったと同時に彼らがメインとなった「少年倶楽部プレミアム」。それがきっかけで少年倶楽部も観るようになりました。

その時の初めの感想「いや後ろのをたくたち何なの・・・

そこかよって感じだけどその光景にはびっくりした。今はまだ慣れたけど(笑)

 

ジャニーズjrにはハマってはいけない、抜け出せなくなるという謎の使命感?みたいなのがあったにも関わらず、毎週毎週観ていくうちに少しずつ名前を覚えられるように。

親と観ては「かっこよくないな~」とか「いやないわ」とか散々言っていたjrさんもいましたが・・・。

何だろう、総じて言う。若い。動きとか笑顔とかやっぱりデビュー組と比べて初々しい、若い。

 

かっこよいって思うメンバーもそれなりにいた中、気づいたら私が目をつけていたのが

安井健太郎」だったのです。

そう、彼はジュニア内ではそれなりに年上のの26歳。まぁ、若くない、、、。あれ、でもめっちゃ惹かれるやん、、、。「てかめっちゃ大衆演劇にいそうだよねbyマイ母」←(これ未だに画面に映るたびに言われるんだけどw)

その当初は彼がLove-tuneというジュニア内のグループに所属していることも知らなった、というかジュニアに対して無知だった私はそもそもジュニア内にグループが存在していたことさえあまりちゃんと認識していなかったと思う。

だからクラスのジャニヲタに「最近安井君?ちょっと良いと思ってる」「あの子グループは言ってたっけ?」「え、入ってないでしょ」「いや入ってるよ」って言われて安井健太郎に対してもただのにわか無知でしかないことを痛感した。

 まぁ、そっから現在の毎週観るという習慣が脳内にインプットされ始めたくらいに

マイ親(元SMAPファンでマッチ世代、現在はKPOP愛好家)

「映画の完成試写会行く?」

そう、まぁいろいろあってジャニーさんオキニ中山優馬さん主演の「ホーンテッドキャンパス」の完成披露試写会にお呼ばれしたのだった。

「これ安井君出てるじゃん」の親の言葉に「行くわ」の一言。

まぁなんていうかまだ沼には片足入るか入らないかな~!くらいだったから、「うぉおぉ生安井!!」と沸くまではいかなかったけど。

 

映画の内容としてはあんま面白いとはお世辞にも言えなかったけど、登壇のトークで登場した安井氏に対し親子二人「ちっさwwww」別に馬鹿にした笑いではない。ただ小さいなって思った、身長が。まぁ、となりにはそのころ噂されてた島崎遥香ぱるるもいたんだけど、あんま深く考えないようにって見てた。

まぁ総じて「かわいいかっこいい小さい」って、沼ランクが1ポインとアップした音がした。 

 

そっからまぁ今に至るきっかけといえば少クラでのラブトゥーンの披露かなぁ。

というか、そう。ここら辺から安井健太郎のみならずLove-tuneにまで視野が広がる。

(キンプリ、ストーンズ他もだけど)

もっとも一番沼に効いたのは、4月に行われた「ジャニーズjr.祭りinさいたまスーパーアリーナ」公演だった。これもまぁいろいろとあり、急遽入れることになった公演だった。

初jr.公演、SMAP振りの親子での参戦。これはテンションあがってた。カウコン振りの現場、静岡前の現場。jr8組が一気に観れる。楽しみ、どうしようって。

割とこの時には大体のジュニアの顔は脳内にインプットされてたからより楽しみだった。

まぁ何よりもお目玉は安井健太郎率いるLoveなtuneだけどね。

そして始まったジュニア祭り!!!久しぶりのライブに無駄にOPから叫ぶ我。

そして、え、やばい、安井さんが、司会進行役、、、めっちゃ出るじゃん、喋るじゃん!!!!!!これ俺得すぎませんっ!!??

後で考えればすぐに分かることなんだが、彼は前述のとおりjr内お兄ちゃんなワケだから、こういう役になるのは納得できるんだけど、その時の私はもう顔はキモいほどニヤニヤドキドキしてました。キモかっただろうね。

 

MCとして回す姿、後輩ちゃんがちゃんと話せるように相槌うったり振ってあげたりするその姿に沼ポイント増量。

 

そしてそして、お待ちかねLove-tuneさんの登場!!!きゃぁああとまたもや無駄に喉つぶす発狂度。

え、あれこれ、聞いたことあんだけど、え、もしやの、、、

「CALL」

やっべ!!!!生で、え、ってことは、、、

安井氏「・・・oh,my god!!」(セクシーなカメラ目線ウインク)

ンギャアアアアオス!!!!!

やばい、生で聴いちゃったよ、え、射貫かれた?もしや射貫かれた???

自分の行動に爆笑でしかなかった親子共々。

やばいよ、アイドルしてるよ、アイドルってかなんだ、なんていうんだ、ヤベェ!!!

目つきエロすぎ!!シャウトやばすぎ!!!!!安井ってなんなんだ!!!

 

脳内永遠独り言だったCALL。

いや安井もやばいけど何他メンも爆イケすぎん??萩谷さんのドラムの破壊力、、、「あれ美勇人だよね??やば、、、」長妻さあああん??えっろ??!!!

(以下長くなるんでまた今度ラブトゥーン話で)

 

やばいな、ジュニアってかラブさん達、、、。

これ行ったのはだいぶ大きかったのかもって今になって再確認した。

 

もちろん、他のジュニアのやばかった。プリンスさんの、あの白シャツはだける芸を試聴済みの親子は、2人して叫ぶや叫ぶ。親の血引いてるなぁ。

 

あ、そういえば公演前に買わないつもりだったうちわ買いました。もちろんそれ振ってた。ペンラは見た瞬間爆笑して買わなかった。

 

もちろん、私の中での1番は、何を話そうNEWSです。

が、ラブさんは、、安井さんは、、別格として、沼にどっぷりではないけどハマりかけてます。好きです。頑張ってほしい。

FCも入ろうか迷ったけど、新春も現場あるらしいけど、、、今年は離します。

また来年も、気持ちが強くなっていたら、考えようかな。デビューとまではいけなくても、安井さんを前面に出してやってください。ラブもね。

MOONが私的ヒットでしかなかったねあれアカンねお面を取ったらこんにちはでね。

 

あ、今日少クラだ。観よう。

 

なりきれない量産型ヲタク

 

量産型ヲタク

という言葉を、ジャニヲタなら1度は聞いたことがあるだろう。

洋服はevelynやAnk、現場バッグはfleurかSamantha。インスタのタグは#隠せないヲタク、ヲタプリラクガキには抜かりなく。自担出来る子ツイート。

 

そんな量産型ヲタクという存在を知ってから、私も憧れるようになった。

 

何でそんなに憧れるのか。それはずっと見ているとわかる。皆可愛い。服可愛い。ツイート可愛い。

 

量産型ヲタクって女子力高い…

 

ふわふわの髪もハンカチからスマホケースまで可愛い。ザ、女子。

 

そんな彼女らに憧れた成り上がり量産型ヲタクの4人はディズニーに行く予定を立てるなり

量産型ヲタクコーデで行こう」と一致。

 

私は元々、服の系統がひとつに定まっていない系女子で色々な系統が好きだ。

 

ストリート、海外風、ギャル、キャバ嬢風…

そしてザ、女子な服。

 

しかしこうやって自担に溺れるようになり始めてから「ザ、女子」系統の服に対する

ときめき」の気持ちが増加したのだ。

 

LARMEを手に取ってはかわいいを連呼し、109に行けば真っ先に階を目指す。そんなヲタクへと進化していた。

 

これは私にとってはとても良いことだ。

女子な服を見ることによりときめきが増える。

こんな可愛い服を可愛く着たい、そのためには痩せないと。

身だしなみから女子になりたい。祐也くんピンクだし、ピンク好きだなぁ。タオルから可愛いのにしよう。

 

自担のため、そして自分のために可愛くなることを惜しまない、たとえいくらお金を掛けても。

そんな「量産型ヲタク」が愛おしく、また尊敬の対象になっているのだ。

 

この前ラフォーレ原宿のセールに行ったが、evelyn、Ank 、マジェ共にJタレソングメドレー。

店内はサマンサバッグを持ったりフルールバッグを持った量産型ヲタクでいっぱい。

 

愛おしいな」そう思った。

 

幸運な事に私の自担は量産型ヲタク的な服が好きなようなのでまさに一石二鳥だ。

 

自担にも貢ぎ、自担に見てもらうため、そして自分の女子力強化の為に投資をする。

お金がいくらあっても足りない。

でも頑張る。そんな彼女達を、「量産型ヲタク」になりきれない私ながらも見守っていきたい。

 

ヲタクはいつだって涙脆い。(white 編)

 

はい、第2回目となる今回。

 

今回こそは文字を大きくして目立たせたり小さくして囁いてるように見せたりしよう!!

 

と思っていたのですが…調べたのにも関わらず出てきませんでした(多分ツメが甘い)

 

なのでご了承ください。また調べ尽くす時間があったらやりますので…

 (やっとわかりました…)

 

ということで 絶望とトラウマ、でもある意味思い出なwhiteグッズ参戦の話をさせていただきます。

 

カレンダーに書いた「NEWS white」の文字。

 

東京だけでは無く他公演の日にちにまで書いてるんだから何かもうこの時点でヲタク感。さすが親の血を引いてるなと感じます。

 

「ライブは行けないけどグッズだけは欲しい!!」

 

そんな気持ちで午後6時過ぎ(確か)

私は後楽園の駅へと降り立ちました。

with 私をヲタクに染め上げたきっかけの1人 リア友ヲタク、エイターの方。 

(こここら先はAちゃんと呼びます)

 

後楽園に着いて、とりあえずヲタク垢は動かしてたし その頃みんなやっていた看板の前(駅)で写真を撮り「こんな格好してるよ〜」なやつをやりました。

 

いやいやほんとにさ、なんなら見ます?このクソクソクソダサい格好を。

 

あ〜でも写真どっかいったわ()

 

スーパーマン(たまたま)のユニクロの服(増田さんのやつではない)にダルメシアン柄のスカート(お年玉で買った福袋に入ってた。これは普通に可愛いし今も着てる)

 

まあ写真みたらわかると思うけど(載せないんかい)ザ、中学生並にダサかった。(高校生だけど)

 

今はヲタク活動も合間ってなのかオシャレにだいぶなったし服も大好きです。絶賛量産型

 

そんなこんなで会場についた時には既にライブが始まっていました。

ということではい。聴きたくもない音漏れですよ音漏れ。

BYAKUYAから始まり4+FANくらいまで聴きましたね〜懐かしい。グッズ買ってる最中にめっちゃ聴こえてくるしその後帰れば良いのだけれど…なかなか帰れない。足が進まない。

 

1番音漏れがする位置にAちゃんと行って30分?1時間位いたけど流石に最後まで聴くのは辛すぎたので切り上げました(´^o^`)

 

切り上げても帰る歩幅は小さく、スタバに向かっても心は寂しい。帰りたくない。

ヲタク定番のお名前入りスタバを初体験してそこに記名されている「♡ NEWS 手越 ♡」の文字を見つめて悲しくも愛おしくなる…。

余ったお金でNEWSコーナーが出来ている本屋に寄り、初めての「POTATO」を購入しました。

 

そんなこんなで初ライブ、いや初音漏れグッズ参戦は幕を閉じたのでした…。

 

その時撮った動画に入っている寂しさ最大級の鼻歌と「この中にいるのにありえない…」という悲痛の叫びは1年後の初ライブ終了後に

「一年前の自分よ、お前のお陰で最高の思い出ができたよ」と微笑む為の材料となったのでした…。

 

 

ジャニヲタははじめに必ず自己紹介が必要

はてなブログの存在を知って早3年。

ずっと読者側としてジャニヲタ様の美しくも軽快な文章を愛読してきた私がついについにブログを書きます…!!(どうでも良い)


こうやってブログを書くのはざっと5年ぶり位です。どうします?どうします?


というかこれどうやってあの良くやるでかい文字にするの??どうします2回書いた意味…


まあそんなことは置いておいて!!(読みづらくてごめんね)


ざっと自己紹介をしていきまするです。


空前絶後の〜!!怒涛のアイドル〜!!NEWSが大好きな〜!!女です!!


はい。ということでそうです、NEWSに拗らせて早2年という古株様からしたら相当な新規ですが私からしたらもう2年!?という感じなのですが はい。NEWS担をやらせて頂いております。


NEWSを好きになった経緯は正直覚えていません()

というのも、具体的に「〇〇を観たから好きになった!!」とかって言う具体的な物がない、というよりも覚えておられません←


元々の私のヲタク事情をと言いますと

小学生はKPOPとAKBに力を入れていた女でした。

中学は徐々にAKBから足を引きKPOPは親が好きだったこともあり普通に好きでした。


しか〜し!!別にCDを買うわけでもなく、ライブに行くわけでもなく、握手会に行くわけでもなく、ゆる〜〜く「ファン」という状態におられました。


別論私は色々な曲を聴くので(ファンとかではなく曲が好きで)

ボカロ、洋楽、邦楽、ロック、ビジュアル系など多彩な音楽を聴いたりもしていました。(今もしてますが)


だからね?だからね??(うるさい)

こんなにもこんなにも身を投げ入れて没頭した、心から好きになったアイドルは初めてなのです。


元々 中学の時のリア友2人が (いまも凄い仲良い)ジャニヲタでした。(今もです)


わたしがAKBだのKPOPだのをカラオケで歌う中、彼女らはいつも関ジャニ∞だの嵐だの(西野カナももクロ も歌ってた)を熱唱しておりました。


傍の私はポニーテールとシュシュだのハルハルだのGeeだのって歌ってましたね。


原宿で遊べば彼女らはジャニショに行きます。それに着いて行ったことは3回?くらいありました。


その時の私の気持ち


「なにこのよくわからん写真だらけの部屋は…え、つまんない。帰りたい。」



あれれれ?今のあなたがそんなこと言ってたなんて想像できますか〜???


と言ってやりたいくらいに興味がありませんでした。


別にジャニーズが嫌いなわけではなく、私の親は元々(今はKPOP一筋)ジャニヲタな訳でして。


まあ世代だからマッチ様とか から SMAPまでですよ。


私も1回だけ親に連れられてSMAPのライブ行ったことあるけど、あれはホントに感動したし楽しかった覚えがある。


だから別にジャニーズが嫌いとかないです。

ジャニーズを知らないわけではなかったし。

(まあ昔のことはあんまり覚えてないんだけど)


というのもいつだっけかに公開された関ジャニ∞様の「エイトレンジャー」を親と2人で観に行きましたからね?しかもまさかの公開日()


ただ、NEWSの存在は知らなかったと思います。多分。


知ってたのかもしれないけど「あ〜なんかいるな〜」みたいな。


今の私で言うフリースタイルダンジョン??の人なんかいるよな〜うん


みたいな感じ(?)


だけど彼女らがカラオケなり原宿なりでヲタクを爆発しているのを見ていてなんだか興味が湧いたのでしょうね(あんま覚えてない)


気づいたら、ほんとに気づいたら


部屋がNEWSで埋まってました…()


いやホントにそうなの。


でもね覚えてるのは初めてあの今は無き原宿竹下通りの名店(闇店だけど)に行ってそこのガチャガチャを回した時。


なんとな〜くやろうかな、でもこれやったらもうファンじゃん(?)

とか思いながら回した時に出たのは小山さんと増田さんでした。


「あ、えっと慶ちゃん?とまっすーだよね」


そんな感じでした。そこからですよ。

追い風の様にスパートを切って全速力になったのは。


ヲタク用Twitterを初めて(彼氏に別れを告げられた4.5月)

NEWSの動画を見て、曲を入れて。

(この時適当に入れたからその時のwhiteのソロ曲 あなた をずっと昔に歌ってた曲だと思っていた)


気づけば6月。ライブ。

でも私は諦めたのです。

「いやまださ好きになったばっかりなのに行っていいの?あと1年待った方が最高なのでは?」


チケットの応募期間はもう終わっていたのでTwitterでは一応 譲 はありました。定価だったのか忘れたけど。


行こうかな、いやでもな。お金ないし。

(当時は高1の初め。バイトはまだしてないのでお金は0)

会いたいな、あ〜。


そして諦めたのです。その諦めがその翌年の私の人生初めてとなるNEWS様のライブで発狂を催すことを知らずに。



さあて、次回の放送は〜〜???


ということで私の悲しくトラウマだがある意味思い出な 初ライブ(グッズ参戦) whiteの話を含む ヲタク自己紹介は次回へと続きます(´^o^`)



ここまで読んでくれてありがうございました。元々ブログを書いていたとはいえ拙い文章だらけだし 文字を大きくするアレのやり方もしらないしで…

次は学習します。